×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

顔の脱毛方法

顔脱毛の方法は、色々なものがあります。
一般的な脱毛クリームを使う方法では、体毛の成分であるケラチンクリームを使って毛を溶かすといった方法です。
この方法で痛みがなく短時間で済ませることができます。
それに、一旦毛を溶かして脱毛しているので、また毛が生えてきても、剃った方法などによる不自然さがないのです。
注意したいのが、この脱毛の方法は、うぶ毛と一緒に皮膚の表面にある角質層の部分を溶かしてしまう危険性があるのです。
ですので、リスクの大きい、刺激が強く、リスク大きいのが脱毛クリームによる顔脱毛なのです。

脱毛と同時に古い角質除去もできる、顔脱毛

実際は顔脱毛後の柔らかでツルツルした顔の表面の感触は、実は皮膚が溶けてそれにより滑らかに感じているのです。
フェイスパックを使った脱毛方法というもうひとつの脱毛方法があります。
この方法は粘着成分のある液状のパックを顔にピッタリ貼り付けると、肌が吸着し、パックをはがす時にお肌のよごれや、黒ずんだ古い角質とともに、むだ毛やうぶ毛も除去してくれます。
丁寧に塗りむらなどに注意しながら行わなければ、パックで思うように毛がぬけないこともありますが、脱毛と同時に古い角質除去もできます。

スポンサードリンク

人気のある顔脱毛の方法は?

毛を除去したい部分を確実に抜くことが出来る反面、肌への負担が高いのが、脱毛テープや毛抜きなどで行う方法です。
肌にとっては負担が大きいものなのでお風呂あがりなど肌が柔らかく毛穴が十分に開いているじょうたいで、アフターケアも普段よりもきちんと行う必要性があります。
近頃では、手軽にどこでも使える、エピスティックと言われる台湾式のコイルを使用した毛抜きも顔脱毛の器具として販売されています。
思ったときにパッと顔脱毛が行えることが人気の秘密のようです。

Copyright © 2007 脱毛したい顔/顔脱毛の人気の方法